今月も文鳥の花器とキンカチョウのピンクッションを販売します。
PA011315
イベントにも連れて行った子達です。
2羽は違う種類の鳥さんですが、並べると馴染んでる感というかコンビ感があるのが不思議です。

白文鳥の花器は前回分より少し大きめです。
PA011336
今回の写真撮影用のお花は小菊と千日紅です。
PA011320
白とピンクでお淑やかな印象にしてみました^^
二つとも小さなお花なので、サイズ感もぴったりです。

実は小菊は仏壇用として販売されていたものです。
PA011391
いつもは育てている鉢植えのお花を生けているのですが、2回の台風で全滅に近く、それでお花を買いに行こうとしたところ、これまた台風の影響でお店にもお花が置いておらず、唯一販売していたのが仏壇用のお花と小菊でした。

でも、これが文鳥の花器のサイズ感にピッタリなんですよ!
文鳥の花器に生けるお花でオススメしているサイズが「直径が500円玉以下」なので、ちょうどその大きさです。
PA011390
仏壇用のように3色使いにするとお供え感が出てしまいますが、単品使いで他のお花と合わせると可愛らしく変身するんです。
普通のお花よりお値段も安く、日持ちもするので、おススメだったりします。
参考までに今回は小菊2輪、千日紅3輪を生けていて、お色は「白とピンク」のように2色までにすると失敗が少ないですよ。

お花は取り外し出来るガラス瓶に水を入れて生けることが出来ます。
PA011324
使い方はガラス瓶を文鳥本体の穴にセットしていただき、お花を楽しんでいただく形になります。
※文鳥本体の穴に直接水を入れることは出来ません。
文鳥本体が長時間の水に濡れると劣化の原因になりますので、必ずガラス瓶をお使いください。

人間にとっては口に入れても安全性の高いコーティング剤を使用しておりますが、小さな動物さんの場合は安全性が保障できないため、なるべく近づけないようにお気をつけください。

今回も造花がつきます。
PA011328

同時販売のキンカチョウのピンクッションは、首を傾げた男の子です。
PA011355
鳥さんはよく首をかしげていますよね^^

ピンクッションのお色はリバティのタナローン、優しいピンクの花柄にしてみました。
PA011376
PA011371
キンカチョウのグレーと、いい感じに馴染んでいます^^
前回同様、ピンクッション部分を外すと小物入れとしてもお使いいただけますよ。
PA011381
販売は10月6日(土)21時からCreemaで予定しています。
いつも即完売が多くてゆっくりご検討いただく時間がないことが多いので、今回は販売時間前までご覧いただけるプレビュー画面をご用意しました。
手乗り文鳥の花器プレビュー画面(外部リンク)
手乗りキンカチョウのピンクッション(外部リンク)
事前にCreemaの会員登録を済ませていただいておくと、スムーズにお買物いただけます。

今回も素敵なご縁があると嬉しいです♪
PA011322


+++


*+++++++++++++++++++*
Kiraracaホームページ
作品情報や出展情報などを
詳しく紹介しています。

Instagramでも制作の様子など
綴っています⚘
↓↓↓
Instagram(外部リンク)
*+++++++++++++++++++*