P5012514
HPではお知らせしておりましたが、ブログでは昨日同様、販売ギリギリ告知です(><)

ひなた様「とりことり(外部リンク)」にて本日5月3日(金)17時から販売の作品のご紹介です。

手乗りキンカチョウの花器です。
190503-20-1
今回作ったお色は並とイザベルです。

キンカチョウの花器はKiraraca直営ショップでのお取り扱いは終了し、今回販売分より、実店舗・イベント限定展開になります。
(当店への再販及びオーダーのお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

この子達は昨日のブログでもちょこっと登場していましたね。190502-11-1
イザベルキンカは個体差があり過ぎてどの子の色味を見本にしていいかが分からない(;;)という苦悩がありますが、それでも好きな色味なので懲りずに挑戦です(笑)

(最近イザベルがグレーとフォーンタイプに分かれていると知り「、、、(゜ロ゜;」となりました(^^;))

いつもは可愛らしくなることを意識して制作していますが、今回は「自然」な印象になることを一番に心掛けました。
そのため、2羽とも動きあるポーズにしています。

並キンカは首を斜めに向けた形状にしました。
190503-20-3
そうすることで、生けたお花が見えやすくなったり、飾る角度によって表情が出やすいからです。
190503-20-2

一方イザベルキンカは真っ直ぐは向いているものの、首を傾げた形状にしました。
190503-20-4
首の角度が違うだけで、印象が変わります。

そのキンカチョウの花器ですが、今回はなんとスペシャルバージョンです!!!

どうスペシャルかというと、、、
いつもはラフな印象にしている羽を今回は形を作り、
P5012468
お尻はモフっと感が出る形状に変更し、
P5012473 - コピー
お腹の谷間も作りました。
P5012475 - コピー
そして一番の違いは、見えない底の部分です。
P5012470
脚を作ってみたんです。

以前美術展に行ったときに見た彫刻が、見えない部分まで緻密に再現されていて感激したことがありました。
それに刺激され、まずはモデルが身近にいるキンカチョウをこの仕様にしてみました。
P3231720
(↑モデル?のチロル)

脚は表からは全く見えませんが、作るときの心構えがだいぶ変わります。
今回自然になることを第一に意識した理由の一つかもしれません。

時間をかけた分価格は上がってしまいますが、値上げを怖がらずこだわりを追求してみて、自分の表現したい方向性が見えてきた気がします。

話は戻り裏面もニス仕上げにしたことで置く場所を選ぶようになってしまったので(ニス仕上げのテーブルなどに置くと稀にくっつくことがございます)、どこにでも置けるようにと木の台座を付属しました。
P5012467
ナチュラルな印象になりますね^^

お花は取り外し出来るガラス瓶に水を入れて生けることが出来ます。
P5012478
急いで写真を撮影したので、グリーンだけ外に出かかってますね、すみません(^^;)

使い方はガラス瓶を文鳥本体の穴にセットしていただき、お花を楽しんでいただく形になります。
※鳥本体の穴に直接水を入れることは出来ません。
 鳥本体が長時間の水に濡れると劣化の原因になりますので、必ずガラス瓶をお使いください。

人間にとっては口に入れても安全性の高いコーティング剤を使用しておりますが、小さな動物さんの場合は安全性が保障できないため、なるべく近づけないようにお気をつけください。

いつもつけている造花ですが、造花はグリーンのみで、お花部分はドライフラワーにしています。
P5012482 - コピー
そうすることによって、造花のみのときより自然な雰囲気になります。
P5012489 - コピー
でも、全部ドライフラワーにしてしまうとこの作品の生き生き感が出ずらくなってしまうことや、ドライフラワーは1ヵ月ほどしか綺麗な状態でご覧いただけないので、お花がダメになったときのことを考えてグリーンの部分だけは造花を使いました。

あくまでも付属品なので、お客様のお好みのお花にチェンジいただくことで、もっと素敵にお使いいただけると思います。(生きたお花を生けていただくのが一番素敵になりますよ^^)

とりことりにはキンカのブローチもお持ちしています。
03-2
04-1
企画展初日から並んでいるので、売り切れのお色もありますが(私が知っているのだとイザベルとあともう一点(多分、並♂かフォーン♂のどちらかかな?)お迎えしていただきました)何色かは在庫があると思います。

もし気になる作品がありましたら、ひなたさんにお問い合わせいただくのが一番確実かと思いますよ♪

Kiraracaでは普段植物モチーフを制作していて、鳥関連のイベントでのみペット種鳥作品(文鳥、キンカチョウ、インコ)を多めに作っています。

今年それらの作品を沢山ご覧いただけるのは
●~5/5 大阪「とりことり」ひなた様
●6/19~25 大阪「小鳥ガーデン」阪神百貨店

のみとなります。
※7月に予定している単独個展では、ペット種鳥作品の展開予定がほぼありません。

作家さんの鳥作品が並ぶ企画展ですので、お近くにお越しの際は、ぜひお店にもお立ち寄りくださいませ☆

とりことり2019の情報はこちらから


+++


*+++++++++++++++++++*
Kiraracaホームページ
作品情報や出展情報などを
詳しく紹介しています。

Instagramでも制作の様子など
綴っています⚘
↓↓↓
Instagram(外部リンク)
*+++++++++++++++++++*