先日のアリヴェデパール様の納品の記事でちょこっとピアスを紹介させていただきました。
P5222581
パーソナルローズのピアス

見覚えがある方もいらっしゃると思いますが、昨年の春に展開していた「アンティークローズのピアス」を改良した作品です。
↓以前制作分はこちらの写真
アンティークローズのピアス

どこを改良したかというと、お色です。
ピンクをベースとした微妙に違うお色味を4色お作りしたんです。

黄みよりの明るいピンクと深いピンク
P5222601

青みよりの明るいピンクと深いピンク
P5222603
深いピンクは少し赤にも見えるかもしれません。

どうして同じピンクの色味で4色も展開しているかというと
「口紅を選ぶように似合う色や気分によってアクセサリーを選べたら」
という思いからです。
190525-04
パーソナルカラーというものをご存知でしょうか。

生まれ持った「肌の色」と「肌の質感」 による「似合う色の傾向」のことです。
それを知ることでお洒落をより楽しめると最近話題になっています。

数年前にパーソナルカラー診断の資格を取得して、その知識を作品にも生かしてみようとアンティークローズのピアスを改良することにしたんです。

パーソナルカラーは大まかに分けて
イエローベース(イエローが混じったような色味)
ブルーベース(青が混じったような色味)
に分かれていて、さらに春、夏、秋、冬と4つのタイプに分かれると言われています。
※その4つのタイプからさらに細分化していくのが最近の主流のようです。
※イエローベースとはイエローではなく「黄色が数滴入ったような色」、ブルーベースは「青色が数滴入ったような色」のことです。
なので「イエローベースのブルー(ターコイズブルー等)」「イエローベースの赤(朱色等)」、「ブルーベースのイエロー(レモンイエロー等)」「ブルーベースの赤(ワインレッド等)」など、各ベース共に一部例外を除きそれぞれに色にが存在します。

それに基づき、まず4色お作りすることにいたしました。

イエローベースとブルーベースを比べると、
向かって左がイエローベース、右がブルーベース
P5222604
P5222605
見比べると差が分かりやすいと思います。

一応パーソナルカラーを意識して色味を作っていますが、実は大体の人は色んなタイプが混じっていて、この定義にピタリと当てはまるとは限りません。

例えばAさんとBさん共に「春タイプ」と診断が出たとしても、Aさんはオレンジが似合うけれど、Bさんはオレンジよりもコーラルピンクのほうが馴染んだりと、個人差があります。

さらにネットなどで自己診断をされる方も多いのですが主観が入るので間違う可能性も高いです。
資格を持っている私でも他人のことは診断できても、自分の診断となると大体は分かっていてもちょっと自信がないぐらいなんです(^^;)

あまり緻密に色を作り過ぎるとハードルが高くなってしまったり、似合う色が好きな色味とも限らないので、それもあってその定義を頭に入れつつ馴染みやすいお色味にしています。
実はその定義そのままで色を作ると気軽に取り入れられないぐらいに派手になる色もあるんですよ。

作る側の私もザクっとした感じでお色をチョイスしていますので、口紅を選ぶ感覚のように手軽に楽しんでいただければと思っています。

似合うお色味でも好みじゃなかったら楽しくないですしね^^
P5222600
アリヴェデパール横浜店様のお近くにお越しの際は、是非合わせてみてくださいね。


+++


*+++++++++++++++++++*
Kiraracaホームページ
作品情報や出展情報などを
詳しく紹介しています。

Instagramでも制作の様子など
綴っています⚘
↓↓↓
Instagram(外部リンク)
*+++++++++++++++++++*