P6152957昨日も今日も大阪はあいにくの曇り空。

昨日「小鳥ガーデン6/19~25)」用の作品梱包用の厚紙を買いに行ったら、急に雨が降ってきて大慌てでした。
お店の方が親切にセロハン袋に包んでくださっていたのでなんとかセーフでしたが(紙屋のおじちゃんありがとう!!)、材料が詰まった紙袋でふさがった手では急に傘をさすことも出来ずアタフタしてました。

今日も作品の撮影に公園に出掛けたら、雨が降ってきたり強風にさらされたり、と思ったらカンカン照りだしたり、この時期のお天気は不安定なのでしょうか。
もっと制作スケジュールに余裕があれば、別日に変えたのですが(^^;)

文句を言っていても仕方ないので、早速作品の撮影をしました。
190615-02
「小鳥ガーデン」にお持ちする手乗りオカメインコの花器です。

オカメインコの花器は当面制作予定がないので、この機会にと記念撮影です。

生けたのはシロツメクサなどです。
ですが、強風ですぐに乱れてしまい、さらに暗めの曇り空だったので露出を上げてもイメージと違う感じです。

ということで、室内で再撮影です。
190615-04
生けたお花はマトリカリアやデルフォニウムです。

前回の即完売だったと伺ったので、今回は2羽制作しました。
P6152965
微妙にお顔が違って、向かって右の子のほうが幼い感じのお顔で、左の子のほうはキリっとしていてサイズも若干大きいです。

外で撮影時は仮の瓶を使っていましたが、室内では付属する瓶を使っているので、より生けた感じが分かりやすいかなと思います。
P6152962
実は今回は前回よりも高さのある瓶を使っています。

以前のものがどうやら廃盤になったようで、手に入らなかったんです。
長くなったことで少しバランスは取りずらくなるかもしれませんが、以前よりも大きめのお花を挿していただけるようになっています。

羽入れにする際も、以前は短めの羽に限定されていましたが、こちらは比較的長めも大丈夫だと思います。
(でも、尾羽は難しいかな?(^^;))
P5012400
↑参考に前回制作分の写真です。羽入れにもなります。瓶はこちらよりも大きめです。

裏面は前回同様スエード仕上げです。
P5012528
↑写真は前回制作分ですが、今回も同じ仕様です。


お花は取り外し出来るガラス瓶に水を入れて生けることが出来ます。
P6152976
使い方はガラス瓶を文鳥本体の穴にセットしていただき、お花を楽しんでいただく形になります。
※鳥本体の穴に直接水を入れることは出来ません。
 鳥本体が長時間の水に濡れると劣化の原因になりますので、必ずガラス瓶をお使いください。

人間にとっては口に入れても安全性の高いコーティング剤を使用しておりますが、小さな動物さんの場合は安全性が保障できないため、なるべく近づけないようにお気をつけください。
※菜入れなどエサ入れにしないでください。事故が起きても当店では一切責任を負いかねます。


今回も造花がつきます。
P6152974
すぐお使いいただけるので、プレゼントにもいいかもしれませんね。

オカメインコの花器ですが、はじめに書いたとおり、次回制作が未定です。
手が不自由で制作出来る作品数に限界があるからです。

元々植物モチーフをメインに作っていて、植物やシマリスなどの小動物、ルリビタキなどの自然に住む野鳥など、自分の好きなものを中心に制作していきたいというのもあります。

もしかしたら、気まぐれにオカメインコも制作するかもしれませんが、現在の価格では販売継続が困難なので、次回から値上げして販売予定です。
(再販希望のお問合せや個別オーダーのご要望をいただいても、対応いたしかねます。)

P6152972
今年の小鳥ガーデンの主役が「オカメインコ」らしく、他の作家様もオカメインコのモチーフに力を入れているそうです⚘
オカメ好きさんには胸キュンのイベントになりそうですね^^

Kiraracaも、一点一点、生き生きとした表情になるように、心を込めて制作したオカメちゃん達。

「小鳥ガーデン」でお待ちしております^^
イベントは6/19~25までです。

阪神百貨店「小鳥ガーデン」の詳細はこちらから(外部リンク)


+++


*+++++++++++++++++++*
Kiraracaホームページ
作品情報や出展情報などを
詳しく紹介しています。

Instagramでも制作の様子など
綴っています⚘
↓↓↓
Instagram(外部リンク)
*+++++++++++++++++++*