きららか制作所

Kiraracaの日記です。 オーブン陶土で陶ブローチや陶アクセサリーを制作しています。 制作の様子や作品に込めた想い、ちょっとした日常の出来事を気まぐれに綴っています。 ときどきキンカチョウのチロルも登場します。

121212

【完売しました】
お迎え先が決まりましたので、2つに分けていた記事を1つにまとめました。
***

委託先様から依頼を受けて、久々にオカメインコの花器を制作しました。

販売についてお店様からお約束事がありますので、お迎え希望の方や実物を見てみたいというお客様は最後までお読みいただけましたら幸いです。

●花器及び置物以外の用途には使わないでください。(小鳥用の餌入れやオモチャとしての使用はできません。)
●今年度のオカメの花器の販売はこの子が最終です。
年内の再販はありませんので、万が一売り切れてしまった場合でも、再販催促などはご遠慮ください(;_;)

1.今回の花器
2.価格の改定と今までとの変更点
3.生けたお花と使い方
4.付属品
5.販売方法


1.今回販売の花器
今回お作りした子のご紹介です。
P1013182
愛嬌のある可愛らしい子が出来ました。
写真から分かるとおり、おっとりした雰囲気です。
かなり私好みに仕上がったかもしれません(笑)

手に乗せてみると、、、
P1013124
「飼い主さん、なぁに?」とこちらに話しかけてきてくれそうなです。
キョトンとした愛嬌のある表情をしています。

ちなみに結構重みがあるので持つ手がプルプル震えますが、つぶらな瞳で真っ直ぐ見つめられると「君、重いよ」と面と向かって言えません(笑)

手作りなので毎回微妙に形が違って、この子は表情が柔らかな気がします。
P1013129
それは
「花器の納品が必須じゃなかった」
ことがあります。

お店様より納品のご相談は受けていましたが体調のお心遣いくださり、極端な制作プレッシャーがなかったんです。

たびたび綴っていましたが、2月のはじめに数日お休みをとって以降お休みを取っておらず、徹夜続きの制作を続けています。
それもあり体調を壊していて、今も続いています。
P1013206
その状況でも前回の制作のときは、発売前からお客さまから問い合わせがあったり、イベントチラシにも掲載されていたので(チラシ原稿は数ヵ月前に決まっています)、どんなに体調が悪くても「納品必須」な状況でした。

そうなると緊張感の中で制作しているので、のんびりというよりもキリっとした印象の子達になります。

今までお迎えいただいた子達↓
190502-01-3
P6152972
今回の子より意思が強そうで、待ち合わせの約束をしたら絶対時間を守ってくれそうな雰囲気というのでしょうか?
なんとなく野生でも生きていけそうな強さも感じます(笑)

逆に今回の子は「もし期間内に完成したら納品しよう!」という感じで肩の力が抜けて制作出来たので、リラックスした表情になっています。

P1013182
待ち合わせしたら遅れてきそうだけど、一緒にいたら許しちゃうみたいな!(さっきから意味のわからない例えすぎですみません(笑))

人それぞれお顔のお好みがあると思うので、前回の作品にときめいたお客さまでも今回は「ビミョ~」と思われるかもしれないですし、逆に「今回のはピンと来た!」という方もいらっしゃるかもしれません。

愛情をかけて作った子達をお迎えいただくために毎回精一杯制作しますが、20時間以上手に乗せて作業する作品なので、おのずとそのときの心情が反映されます。

その個体差もKiraraca作品の魅力と受け止めていただけたら嬉しいなと思っています。

2.価格の改定と今までとの変更点
P1013136
HPやSNS、このブログでもお知らせしていたとおり、ほとんどの作品を6月から値上げをしていて、オカメインコの花器は7月以降制作分から値上げをしております。
(最後に販売した6月「小鳥ガーデン」の価格から大幅に変わりました)

値上げ理由は、元々制作時間に合わない価格で販売していたため、制作の無理がたたり心身ともにボロボロになってしまったことや出展機会が増えてそれに係る経費が今までの数倍になったためです。
P1013129
度々値上げをしていたものの、花器は元が大赤字なのでちょっとの値上げではどうしようもなく、今回大幅に値上げするしかない状況でした。
【関連記事】ネットショップ再開と値上げについて

お客様にご負担をお掛けすることになり、申し訳ありません。

ただ、単なる値上げでは意味がないと思い、更に細かい点にこだわりました。

まず変えたのが裏側です。
見えない裏側にも足を描きました。
P1013190
前回までは価格の問題で裏面に細工はほどこせませんでしたが、今回価格を上げたことで見えない部分にもより時間をかけられるようになったんです。

羽も細かく彫ることが出来るようになりました!
P1013191
横は小さな陶土をランダムに着けてぷくっとした質感と手作り感を出してみました。
P1013193
価格を上げることで以前より余裕を持って作品と向き合えるようになったので、より満足のいく出来になったと思います。

値上げした分お迎え先が決まるかかなり不安ですが、もしお迎え先が決まらなかったらお家の子にするか、今後、鳥や動物関連のイベントに出る機会があるときに飼い主さん探しをしようかと気楽に考えることにしています。

3.生けたお花と使い方
P1013200
今回写真撮影用に生けたお花はアスターとヒペリカムです。
二つとも今の季節によくお花屋さんで見かけます。
(スーパーの生花売り場で見かけることもあります)

素朴なお花はサイズ感も色合いともちょうどいいです♪
P1013136
お客さまからよく「どんなお花が合いますか」と聞かれるのですが、
1.派手過ぎないお花
2.小振りなお花(花輪が500円玉サイズぐらいまで)
3.色は1~3色まで
4.お花の数を差し過ぎない
のがいいかなと感じています。
自己流ですが(^^;)

手乗りシリーズは元々
「お家で育てている小さなお花を生けたい」
「既製品の花瓶に差せなかった小さなお花も飾りたい」
との想いで生まれた花器です。
190503-20-1
(↑写真は以前お迎えいただいた子達です。左のノーマルの子にはお家で育てていたビオラとオレガノを生けています。)

なので、お家に育てているような小さな草花が特に合わせやすいです。

もし切り花をご購入して生ける予定でしたら、素朴な印象のお花やお花屋さんで見たときにちょっと地味かな?と思うお花のほうが綺麗にまとまります。

でも、小鳥の花器だけようにお花を購入してしまうと余ってしまうので、家にある花瓶に生けて余ったものを小鳥の花器に生けるぐらいの気軽な感じが丁度いいかもですね^^
1010

使い方ですが、お花は取り外し出来るガラス瓶に水を入れて生けることが出来ます。
P1013176
使い方はガラス瓶を文鳥本体の穴にセットしていただき、お花を楽しんでいただく形になります。
※鳥本体の穴に直接水を入れることは出来ません。
 鳥本体が長時間の水に濡れると劣化の原因になりますので、必ずガラス瓶をお使いください。

人間にとっては口に入れても安全性の高いコーティング剤を使用しておりますが、小さな動物さんの場合は安全性が保障できないため、なるべく近づけないようにお気をつけください。
※菜入れなどエサ入れにしないでください。事故が起きても当店では一切責任を負いかねます。(コーティング剤の下のアクリル絵の具には毒性が含まれる色もあります。)


お花を飾るご予定がない方は、愛鳥さんの羽入れにしてもいいかもしれませんね。
長い羽は難しいですが、羽毛でしたら入りますよ。
P1013208
ちなみに見本に私の家のキンカチョウの羽で撮影してみました。


4.付属品
P1013239
・オカメの花器カバー(本体)
・木の台座
・コルク蓋ガラス小瓶
・造花とドライフラワー

裏面もニス仕上げにしたことで置く場所を選ぶようになってしまったので(ニス仕上げのテーブルなどに置くと稀にくっつくことがございます)、どこにでも置けるようにと木の台座を付属しました。
P1013206
P1013240
台座を付属していますが、お手持ちの布製コースターなどを敷いても可愛いかもしれませんね^^

造花はグリーンのみで、お花部分はドライフラワーにしています。
P1013241
全部ドライフラワーにしてしまうとこの作品の生き生き感が出ずらくなってしまうことや、ドライフラワーは1ヵ月ほどしか綺麗な状態でご覧いただけないので、お花がダメになったときのことを考えてグリーンの部分だけは造花を使いました。

あくまでも付属品なので、お客様のお好みのお花にチェンジいただくことで、もっと素敵にお使いいただけると思います。(生きたお花を生けていただくのが一番素敵になりますよ^^)

説明書も同封しています。
P1013242

5.販売方法
1569150940217
アリヴェデパール自由が丘様の店頭で開催中のフェア「秋色、わたし色(10/1~20)」にてご購入いただけます。

販売は10月15日(火)~20日(日)までです
1羽納品ですのでお迎え先が決まりましたら、販売終了です。
もし、朝開店時に2名様以上お並びの場合は抽選を予定しております。

こちらフェアで展示しますので、お渡しはフェア終了後です。
(遠方からお越しくださったお客さまには配送(お客様持ち)も出来ますが、割れ物ですので出来ればご来店いただきたいとのことです。)

なので、早い段階で完売しても展示は続けておりますので、フェア期間中はいつでも作品をご覧いただけます。

あと、お店様から回答待ちですが、店頭での販売を優先したいと思っています。

初めての東京での出展なこともあるのですが、本当の鳥さんをペットショップでお迎えいただくときのように実際に見てピンと来たらお迎えいただきたいと思っているからです。
P1013124
綺麗に写真を撮ろうとは心掛けても、作品そのものの想いは写真では伝えきれないものです。
実物と全く別物に映っているかもしれません。

作品は私の手の中で完成するものではなく、お客様の日常に溶け込んで初めて完成するものだと思うので、この子を見てお客様が日常で使うイメージが出来ましたら、お迎えいただけたら嬉しいなと思っています^^

ただ、お店様のご都合もあることなので、通販の可否が分かりましたらこちらに追記します。

【14日21時20分 追記】
販売初日の15日(火)、翌日16日(水)は通販とお取り置き不可です。
木曜日からは、お迎え先が決まっていない状況でしたら、通販可能とのことです。(ただし20日(日)まで)
※花器以外の作品(ブローチや耳飾り)は制限解除されており、 通販とお取り置き可能です。

以上になります。

オカメインコ花器は年内販売はこの子が最終です。
(飼い鳥作品の制作は縮小していき今後鳥イベント参加時のみになります。)

今回のオカメちゃんも心を込めて制作しています。
121212
素敵なご縁がありますように。

【追記】販売方法について、アリヴェデパールさまがブログで詳しくご紹介くださっています。




+++


*+++++++++++++++++++*
Kiraracaホームページ
作品情報や出展情報などを
詳しく紹介しています。

Instagramでも制作の様子など
綴っています⚘
↓↓↓
Instagram(外部リンク)
*+++++++++++++++++++*

↑このページのトップヘ