a682044e.jpg

寒さが続く今日この頃。
新作の作業が思うように進まず、悪戦苦闘中です。

そんな時は気持ちを切り替えて、オーダーいただいたブローチの発送準備をするようにしています。
3d9896dd.jpg

448cc193.jpg

こちらのストラップシューズは小学6年生の姪っ子さんへの贈り物?とのことで、色んな世代の方に手に取っていただき嬉しく思っています。

とはいえ、やはり制作が進まず焦ります。
2月は既存作品の制作を一旦ストップし新作作りや制作方法の改善を中心にしていて、制作する中で色々と考えこんでしまい集中できずにいます。


そんな時は、最近家族になったチロルと遊んで気分転換をしていたのですが、そのチロルに思いも寄らないことが起きました。
5c42bc6a.jpg

しっかり歩けるようになってきたかなと思った矢先、左の足先に変形を見つけたんです。
初めてのことでどうしていいか分からず、先日動物病院に受診してきました。


結果は「健はずれ」を起こしていて、半ば手遅れだそうです。
もっと「早く気づいていれば」と後悔しています。

一応治療はしていただきましたが治るかは分からず、サポーターをつけたチロルは歩きづらそうで見ていて苦しくなりました。
78c2ac5f.jpg

獣医さんに原因を伺ったところ「栄養不足」とのことです。
お店の方に伺った餌やり回数や分量や勧められていた餌の栄養価が足りず、チロルには適してなかったそうです。

専門店さんで教えてもらった育て方なので大丈夫だと、何の疑問も持たなかった自分の無知さを責めるばかりです...。

今は少しでも良くなるように3時間置きに1日5回に差し餌を増やしました。
病院で勧められた餌に変えてから水っぽかったフンがしっかりとした形に変化しました。(汚い話ですみません)

止まり木で止まるリハビリもしています。
はじめは上手く乗れないようでしたが、一生懸命練習して昨日の夜ぐらいから止まれるようになりました。
親バカながら感動しています。

リハビリの休憩中に人の腕の上でくつろぐのがお気に入りなようです。
33886ab2.jpg


60958955.jpg

次の受診のときに治療の効果を聞くのが不安ですが、良くなっていたらと祈るばかりです。


今から制作の続きです。
細かい造形に悪戦苦闘中ですが、治療に一生懸命なチロルに負けないように私も頑張ろうと思います。