5e0a8089.jpg

この記事は、私のように運営で悩んでいる作家様の参考になればと思い綴っています。

4月のはじめに、ハンドメイドサイトminneのアトリエにお邪魔してきました。

ネットショップの再開に向けて、色んな作品を見てきたアドバイザーの方から客観的にアドバイスをいただきたくて、神戸まで少し遠出です。

以前Dairyで綴ったように、ネットショップをお休みした大きな理由は「転売問題」と「価格」があります。
お休みしたことでお客様にご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ないと同時に自分の力不足を痛感しています。
そんな中でも励ましのお言葉をくださった方、私の作品にご興味を持ってくださり再開時期のお問合せをくださったお客様、本当にありがとうございます。

それで問題の一つ「価格設定」を解決しようと思い、minneに掲載してある「ちょうどいい販売価格のつけ方」というページを見てみました。
原価の算出方法や「価格設定の際はサイト(委託先店舗)に払う手数料も含めること」など、詳しく掲載されています。
私の場合、これらが曖昧になっていたこともあり、とても勉強になりました。
YouTube動画もあります→minneのアトリエ 作家さま向け勉強会:価格のつけ方・写真の撮り方

ただ、私の作品は制作日数が1週間近くかかり、どう計算してよいか分からなくなってしまったので、予約してアトリエに相談に行ってきました。

神戸のアトリエは「デザイン・クリエイティブセンター神戸 KIITO」内の一室にあります。
f3fb4939.jpg

どんな感じなのかなと行くまではドキドキでしたが、アドバイザーさんがとても親身になって相談に乗ってくださりました。

アトリエに着くと、お茶を出してくださり(ありがとうございます^^)、はじめに簡単なアンケートを記入し、それを元にアドバイザーさんがアドバイスをくださいます。

アンケートの内容は
「作家の基本情報」
「作品のジャンル」
「月の平均売り上げ」
などです。

その中で価格の付け方を相談したところ、何度もおっしゃっていたのが、
「3年後、具体的にどうなっていたいか」
「そのうえで、3年後も無理なく活動を続けられる価格の設定」
という、目標を考えた上での価格設定の重要性です。

作家としての数年後の目標があることで、どんな作品を作っていきたいかが明確になり、それがオリジナリティーに繋がっていくとのことでした。
(実際はもっと具体的にアドバイスくださっています。上手く言葉に出来ずすみません(><))
確かに目標があるのとないのでは、作品の方向性が変わってくると思います。

それを実現するためには、無理のない価格設定が絶対条件になってくるとのことでした。

このアドバイスを元に、今の自分に当てはめてみると、
「今の価格だと、3年どころか1年続けられるかも分からない...」
「運営がバタバタなため、目標を立てる余裕を作れていない」
と思いました。

私の作品は完成までに時間かかり、徹夜しても多くて週10個程度しか制作出来ません。
新作を作っている間は在庫の追加も出来ないので、さらに数が減ります。
それを打開したくて、2月に数を多く作る方法はないかと制作方法を検討し直しましたが、いい案も思いつきませんでした...。

3週間に1~2回のペースで難病の治療があり、治療後数日間は副作用で制作が出来ないことも多く、手に障害がある状況で今の制作時間は体に負担がかかっているなとも感じています。

相談に行った前日も徹夜で制作していたので、
アドバイザーさんからも
「まず寝てください!(笑)」
と言われました。
確かに...(^^;)

アドバイザーさんによると価格設定で悩まれる作家様は多いらしく、無理のある価格に設定した結果、しんどくなってお店を辞めてしまう方が結構いらっしゃるとのことでした。

さらに、
「同ジャンル作品の相場は大事ですが、いったん無視して価格を設定することをおすすめします。」
ともおっしゃっていました。

ずっと相場は一番の目安だと思っていたので、これにはビックリでした。

作る作品のタイプによって違うそうなのですが、
「ミズマリさんのようにオリジナリティーがあり手間のかかる作品を作られている場合、相場に当てはめてしまうとお店が続かなくなってしまいます」
とのことでした。
現状で見ると「確かに..」と納得です(><)

そのうえで、私の作品に合う価格の算出方法や価格の目安を、個別に教えていただきました。

そのほかにも、作品の説明文の書き方などやお店を続けていくためのアドバイスをいただき、終始感心しっぱなしです。

最後にアドバイザーさんが、
「価格を変えるのは不安だと思うけど、少しの勇気を持って!今よりきっとよくなるから!」
と励ましのお言葉をいただきました。

「自分の作品にもっと自信を持って!」
これにはジーンときました。

お店をお休みしてから
「転売の問題どうしよう...」
「お客様の考えると値段を上げたくない。でも価格を上げないとお店を続けられない、、、」
「お客様が離れていってしまうんじゃ...」
とずっと悩んでいました。

だんだんマイナスになっていって、
「私の作品に魅力はあるのかな...」
と、悩み過ぎて制作もままならない感じでした。

今回の相談で親身にお話を聞いていただき、心が軽くなって、作り手として一歩踏み出す勇気をもらえた気がします。
心から感謝です。

アトリエには、過去にミンネ大賞に選ばれた作品が展示されていて、見るのも楽しかったです。
afab6f33.jpg

c9d8dba9.jpg

eab310da.jpg

30f23437.jpg

10ecb72e.jpg

d359275a.jpg


minneのアトリエの感想は、
「行ってよかった」
です。

作品作りは楽しいことも沢山ありますが、見た目以上に苦しいです。
いい作品を作ろうとすればするほど、プレッシャーを感じて孤独に思うこともあります。

もし、活動で悩まれている作家様がいらっしゃったら、minneのアトリエに相談に行くのも一つの手かもしれません。
解決策が見つかるかは分かりませんが、誰かに話を聞いてもらうと気持ちが楽になって、前向きになれることもあるかもしれません。

私も不安はまだまだ沢山ありますし、ネットショップ再開前なので続けられるかも分かりませんが、気持ちが楽になりました。

相談は予約をすれば、無料で受けられます。
minneのアトリエ

休んでいる中で感じたことは、
「やっぱり私は作るのが好き」
ということです。

休んでいる間でも、作りたい気持ちは湧き出てきます。

そして、活動の中でお客様の喜びのご感想は、とても励みになっています。
辛いときそれに何度も励まされ、
「この作品を作ってよかった!」
と、そのとき初めて報われる気持ちです。
やっぱり作品作りは楽しいんです。

長々と書いてしまいましたが、もし同じように悩まれている作家様の参考になれば幸いです。

ちょっとずつではありますが、ネットショップ再開に向けて準備していこうと思います。



+++


*+++++++++++++++++++*
ミズマリホームページ
作品情報や出展情報などを
詳しく紹介しています。

Instagramでも制作の様子など
綴っています⚘
↓↓↓
Instagram(外部リンク)
*+++++++++++++++++++*